さまざまな症状Case

インポテンツ

男性が勃起不全をおこし、セックス不能になることをドイツ語でインポテンツといいます。
これはラテン語で”力を失う”という言葉からきています。

インポテンツは心理的な要素からなることが多く、肉体的コンプレックス、セックスに対する偏見などもあげられます。
また、肉体的な衰えや栄養不足、自立神経失調症なども原因となります。
勃起能力を促すには何よりも疲労やストレスや精神的な緊張を取り除きリラックスする事が大切です。

指圧は心身の疲労を回復させるのにとても効果がありますので是非受けてみて下さい。

< 症状一覧に戻る
▲pegetop

ヒステリー

これは古くからある人間の病気です。若い層や中年の女性に多くみられます。
それもそのはず。ヒステリーの語源は子宮からきています。

ヒステリーは自己中心主義の人に多く見られ、見栄をはったり、イライラしたり、欲求不満・コンプレックスがたまって発作的に大声で怒鳴ったり、泣きわめいたり、オーバーな行動を起こして他人の関心を引こうとします。ヒステリーはこじらせてしまうと直りにくくなりますので早く手当をする必要があります。

心の平和を取り戻せる事が何より大切です。優しくいたわりの言葉をかけ、全身がコチコチになっていますので親身なって指圧をしてあげると大変効果があります。

< 症状一覧に戻る
▲pegetop

顔が痛いとき

顔の痛みとして知られる三又神経痛は左右いずれか一方の神経が障害されるため、顔の片側に突然激痛がおこります。
三又神経は知覚神経で眼神経、上顎神経、下顎神経と三つに分かれている神経なので三又神経痛と呼ばれています。また、顔面神経マヒの場合も顔が痛みます。

顔の痛みの原因と症状
脳幹から出てくる三又神経が血管に圧迫されて顔に痛みがおこります。
特に痛みがおこりやすいのは第二枝と第三枝のほおからあごにかけての支配領域です。
痛みは突然に鋭い、強い痛みとしておこり、数秒から数十秒続き、その後消えていきます。食事や洗顔、外出して風にあたったとき、人と話しているとき、ハミガキなどの時におこりますが、どちらかというと夜よりも朝の方が痛みが出る場合が多いようです。
痛みの頻度は人によってそれぞれ異なり、発作と発作の間には痛みはまったく見られないのが特徴的です。
三又神経痛は加齢により増加し、中高年になるにしたがって特に多く、40才以上の女性に多く発症します。
男性は女性の1/2位の比率と言われています。
三又神経痛の原因は動脈硬化、脳腫瘍や脳の炎症、虫歯や耳の病気などが考えられます。また続発性三又神経痛の痛みは継続的で病気が進行すると痛みの程度や範囲も広がってきます。
その他、顔面の痛みを起こす病気には帯状疱疹のあとにウィルスが神経に残り、神経痛を起こすこともあります。
また、顔面神経マヒは顔面神経が障害され表情筋が動かなくなります。
主に顔の片側の運動神経に障害がおこる事が多いようです。顔面神経は額にシワをよせることや、目を閉じること、口を開けて笑うことなどの動きを支配しています。
顔面神経マヒの症状の多くは急に出現します。また、随伴症状として知覚神経に痛みがおこると顔の痛みを訴えます。

指圧は顔の痛みにとても効果がありますので是非お受けください。

< 症状一覧に戻る
▲pegetop

むちうち症

この症状はほとんどが車の追突事故にあった後におこります。
その激しい衝撃で頭が後ろにガクンと強く倒れ、次に前に倒れます。
この急激な体の動きによって、首の筋肉、靭帯、血管、神経、椎間板に異常がおこり、炎症のために痛みが出ると同時に圧迫感が強く、頭痛、めまい、不眠、吐き気、腕の痺れ、イライラ、背中の痛み、肩こりなどを引き起こします。
指圧はむちうち症に大変効果がありますので、出来るだけ早くから指圧を受ける事をおすすめします。

< 症状一覧に戻る
▲pegetop