さまざまな症状に効く指圧Case

身体がだるい

一般に身体がだるいという表現は自覚症状で、肉体的・精神的に疲れやすいとか、おっくうな感じ、気力が無い、疲れた感じとか何かやる気が出ないなどを意味しています。

原因と症状
だるさは医学的には全身倦怠感といって筋肉疲労がおこる状態をいいます。
筋肉の収縮に必要なグリコーゲンやビタミンが不足すると筋肉は収縮力が弱くなり、全身の倦怠感がでてきます。だるいと感じた時は十分な休養をとり、指圧を受ける事が大切です。
身体のだるさは睡眠不足や、仕事による過労、風邪をひいて熱っぽいときや、自律神経のアンバランス、貧血、低血圧や肝臓、腎臓の疾患、精神病などが原因でおこります。
笑うとNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活発化し、免疫力を高める効果があることが認識されてきました。
逆に人間はストレスを感じるとNK細胞の働きが低下し、身体の抵抗力が弱まり、だるさが増してきます。

日常生活の注意点
ビタミンB群が不足すると3大栄養素である脂質・タンパク質・糖質を摂取しても疲れやすく身体がだるくなります。だるさの改善にはビタミンB群を正しく食生活で摂取することが大切です。
ビタミンB群は豚肉・レバーなどの肉類、魚介類、牛乳、豆類などに多く含まれています。

そして、指圧は身体のだるさの改善に多大な効果をもたらします。

< 症状一覧に戻る
▲pegetop

目の疲れ

原因と症状
「目は心の窓」とか「目は口ほどにものを言う」ということわざがあるように目を見れば身体の状態がある程度わかるものです。
現代は情報社会と言われ、テレビ、ビデオ、ゲームや読書、会社では一日中書類やパソコンと取り組むサラリーマンやOL、受験勉強に励む子供たちなど、目を酷使する機会がとても多くなっています。
目の疲れは目の使いすぎだけでは無く、寝不足や肩コリ、神経の疲れ、栄養不足、また大気汚染で発生するスモッグも目の疲れの要因になっています。
特にパソコンを多く使う方は、まばたき数が多くなり、目がショボショボしたり、涙が出たり、物が二重に見えたり、かすんで見えたり、充血による目の痛みや疲れを感じたりするようになります。

目の疲れには指圧を受け、十分に睡眠をとり仕事の合間には時々遠くを見て目を休める事が大切です。

< 症状一覧に戻る
▲pegetop

頭痛

原因と症状
血圧が高くつねに頭重感がある人や、ときどき頭がズキズキ痛んだり、ガンガン割れるような締め付けられるような頭痛に襲われる人が意外に多いようです。
頭痛の原因には肩こり、気圧の関係、視力のアンバランス、高血圧症、動脈硬化症、便秘、生理の前やストレスなどがあげられます。また、パソコンによる目の疲れから頭痛が起こる場合も多くみられます。
頭痛は精神的、肉体的に緊張が続き、背中や肩にかけて筋肉が収縮して血流が悪くなるために起こります。
頭痛は一般に後頭部を中心に起こる事が多く、朝よりも仕事で身体的、肉体的ストレスが蓄積される夕方頃に強くおこる事が多いようです。

指圧で頭の血行が良くなり新鮮な血液がいきわたってくると頭痛がとれて頭がスッキリしてきます。

< 症状一覧に戻る
▲pegetop

夏バテ

原因と症状
暑かった夏が終わって朝晩涼しい風が吹いてくる初秋になっても体調が思わしくない、スタミナが切れている、食欲が無い、という人達が意外に多いもの。これは俗に言う”夏バテ”にかかっているためです。
夏の間は体温を放散するために血液が皮膚表面に多く分布するため、内臓に分布する血液量が少なくなり、食欲が無く、サッパリとした消化の良い食べ物を食べたくなります。
そのためスタミナが無くなり疲れやすくなってくるのです。これが夏バテです。

日常生活の注意点
タンパク質、脂肪など栄養分が十分にあるスタミナのある食べ物を採ることをオススメします。香辛料のきいたカレーやとんかつ、ニンニク、焼き肉、ウナギなどは夏バテを解消しスタミナをつけるため、とても良い食物です。そして水分を十分に取る事を心掛けましょう。
室内はクーラーで冷やしすぎないように注意して下さい。冷えすぎた体はぬるめのお風呂に入ると眠りやすくなり疲れも取れます。しかし、長湯は心臓に負担をかけるので避けましょう。

夏のうちに調子を落とした胃腸を指圧で本来の働きに戻せば消化吸収が良くなって食欲が増し夏バテを回復させることが出来るのです。
夏バテの解消には指圧が一番効果的です。


< 症状一覧に戻る
▲pegetop

足の疲れと痛み

原因と症状
長時間の立ち仕事や歩きすぎ、足が冷えた時、ハイヒールを長時間はいた時、靴が合わない時、靴下がきつくて足を締め付けている時など、足が疲れたり痛くなったり、むくんだりします。
足は体の全体重を支えているので静脈の還流が悪くなり冷えやすく障害がおこりやすいものです。また、女性は生理前や更年期には女性ホルモンの関係で特に足がむくみやすくなります。
 
日常生活の注意点
スポーツのやりすぎ、階段の昇り降り、長時間の正坐にも注意が必要です。
扁平足の方は足底の土踏まずが沈んで扁平になる為、足の痛みや疲れが出やすくなります。

指圧で足の血行が促進され筋肉が柔軟になると、足が暖かくなって足の痛みやむくみが改善されてきます。

< 症状一覧に戻る
▲pegetop

冷房病

原因と症状
夏にはオフィスや家庭など、あらゆるところでクーラーが使用されます。しかも、適温より冷え過ぎているところが多いため、手足の冷えや、関節の痛み、腰痛、肩コリなどを訴える人が多くなります。
クーラーにより腎臓の部位は冷えて硬く重苦しくなり、その働きが低下し、尿の出が悪く、むくみの原因になります。また、クーラーをつけたまま眠ってしまうと、のどの痛みや鼻水など、風邪の症状に遭遇する事もよくあります。
さらに、暑い日が続くと昼は体力を消耗し、夜は寝苦しく睡眠不足になりがちです。
クーラーによる冷えと夏の暑さで、体がだるく、肉体疲労、食欲不振、夏痩せなどが起こりやすくなります。

日常生活の注意点
室温と外気温の差は一般に5度以内と言われていますが、この範囲を超えていると体は不調を訴えます。室温は冷やし過ぎないよう、くれぐれも気を付けましょう。
人間は眠りにつくと手足の血管が開いて熱を放出します。睡眠の際には緩やかな自然の風が適当です。
強すぎるクーラーは足元が冷えやすくなる為、足元を暖かく保つよう心掛けると良いでしょう。
なお、忘れてならないのは、エアコンは換気をしていないという事です。常に窓を少し開けておく、換気扇を回しておくなど、適当な換気を心掛けましょう。
そして、一日中クーラーの効いた室内にこもらず、日に何回か室外に出て体温調節機能のバランスを保つように心掛け、体内の熱を放出させる事などが必要です。

全身の疲労をとり、血行を促進する指圧は冷房病の治療に大変効果があります。

< 症状一覧に戻る
▲pegetop

肩こり

肩こりは腕の使いすぎ、車の運転、視力障害、内蔵異常、パソコン操作、不眠、ストレス、更年期障害などが原因でおこります。
肩の筋肉がギューッとつまった感じがして、とても辛く気分がスッキリしなくなります。

指圧の治療をうけると肩こりが改善され大変楽になりますよ。

< 症状一覧に戻る
▲pegetop

腰痛

腰痛は重たい物を持ち上げたり、掃除機を使ったり、台所仕事や、坐骨神経痛、長時間のデスクワーク、消化器疾患、女性の生殖器疾患などが原因でおこります。
腰痛に悩む方は意外と多く、腰痛が習慣になると腰椎が変形して腰が曲がる原因になります。

早めに指圧を受けて疲れを取り除き腰の機能を正常にしておくことをおすすめします。

< 症状一覧に戻る
▲pegetop

不眠症

症状
健康な人は夜になると眠くなり、快眠出来るものですが、睡眠量がいつも不足している場合や、睡眠障害が持続する状態が不眠症と言われています。

原因
騒音・空腹・心配事・極度の疲労・強い痛み・コーヒーや紅茶などの覚醒作用のあるものを飲んだ時など。また、神経質で物事にこだわったり、イライラしたり、ささいな事が気になる人、ストレスによる脳充血、神経過敏症、動脈硬化や自律神経の障害などで起こる事が多い。

不眠症の方へ
特に首が硬くなり、頸動脈が圧迫されている場合が多い。指圧の治療は副作用が無く最も安全に首のコリをゆるめて不眠を解消します。

指圧を受けられた当日の夜から寝つきが良くなり、深く熟睡でき、すっきりとした目覚めを約束します。

< 症状一覧に戻る
▲pegetop

慢性疲労症候群

症状
微熱・頭痛・筋肉痛・関節痛・リンパの痛み・視力障害など、神経的症状や不眠・記憶喪失などが起こり、これらの症状が半年以上続いたり再発を繰り返す。

原因
原因不明であるがウィルス感染症の可能性が高い。寝不足・ストレス・酒の飲みすぎが発病の原因となる事も多い。

治療
適切な栄養や休養・睡眠などの生活態度に気をつけ、ストレスを溜めすぎないよう精神面におけるケアが必要。

指圧治療は慢性疲労症候群を改善する効果が高いため、定期的に受ける事が望ましい。

< 症状一覧に戻る

店舗紹介

ご予約・指圧師のご指名は下記店舗までご連絡ください。飯田橋店T­E­L­:0­3­-­3­2­6­9­-­1­1­9­0­〒1­6­2­-­0­8­2­4­東京都新宿区揚場町1­-­1­3­ミヤコビル6­F­
RSS 2.0