指圧は「浪越徳治郎」が創始した治療法About "SHIATSU"

指圧は浪越徳治郎が大正14年に創始した治療法です。

その治療効果は国内だけでは無く全世界でも評価され、「SHIATSU」として親しまれ、人々の健康に役立っています。

指圧の特徴は手と指だけを使って行うことです。
もみ返しなどの副作用が無い、安全で理想的な健康法です。

指圧は病気の予防や治療を目的として人体の疲労物質を取り除き、血液循環を促進して健康を増進させます。

指圧は近代解剖学に基づいて全身の筋肉や神経、血管、リンパ腺、ホルモン腺、内蔵などの働きを活発にします。指圧をすると免疫力が出来、体内の老廃物が体外に排出され老化しない健康な体になります。
浪越徳治郎と一緒に

セミナーの様子


浪越徳治郎の基本理念
指圧の心は母ごころ、おせば生命の泉湧く

動悸

原因と症状動悸は高血圧症や冠状動脈硬化症などの心臓疾患や貧血があったり、肥満、妊娠中などにおこりやすくなります。健康な人では脈拍数の正常値は1­分間に6­5­~8­5­位ですが、動悸がおこる時は脈拍数が1­分間に1­0­0­以上になり、息切れや胸の痛みなどの症状も出てきます。出来るだけ精神的興奮や不安感を抱かないように注意し周囲も配慮が大切です。日常生活の注意点貧血による動悸にはレバーや牛乳、肉類や魚類、ほうれん草などを努めて多く摂取するようにします。高血圧症の人は塩分は1­日8­g­以下とし、魚類や乳製品、植物性油を十分摂る事をおすすめします。又、冠状動脈硬化症の方はコレステロールを減少させることが第一です。魚類や繊維のある野菜、.­.­.­
RSS 2.0