指圧は「浪越徳治郎」が創始した治療法About "SHIATSU"

指圧は浪越徳治郎が大正14年に創始した治療法です。

その治療効果は国内だけでは無く全世界でも評価され、「SHIATSU」として親しまれ、人々の健康に役立っています。

指圧の特徴は手と指だけを使って行うことです。
もみ返しなどの副作用が無い、安全で理想的な健康法です。

指圧は病気の予防や治療を目的として人体の疲労物質を取り除き、血液循環を促進して健康を増進させます。

指圧は近代解剖学に基づいて全身の筋肉や神経、血管、リンパ腺、ホルモン腺、内蔵などの働きを活発にします。指圧をすると免疫力が出来、体内の老廃物が体外に排出され老化しない健康な体になります。
浪越徳治郎と一緒に

セミナーの様子


浪越徳治郎の基本理念
指圧の心は母ごころ、おせば生命の泉湧く

お客様の声

膝の痛みが改善されました。女性会社員7­0­歳時々、膝の痛みが出ますが指圧を受けるとその痛みも改善されます。特に膝の前側に痛みが出ることが多いのですが、あわせて膝の後ろの治療もしていただくと足は軽くなり普通に生活出来るので、とても助かっています。全身の指圧は定期的に週1­回2­時間づつ受けています。お陰様で皆からはとても若いと言われています。体中の痛みが改善されました。男性7­4­歳先日バスに乗っていたところ大きく揺れて体ごと飛ばされてしまいました。体のあちこちを打ってしまい、とても痛いです。首や肩、背中、足などを入念に指圧をしていただき大分楽になってきました。頭痛、肘、膝の痛みが改善されました。男性会社員5­2­歳左後頸部.­.­.­
RSS 2.0