指圧セラピストの紹介Introduction

浪越 満都子(まつこ) 指圧セラピスト
浪越 満都子(まつこ)

プロフィール
1961年、浪越徳治郎氏(故人)の長男 徹氏(故人)と結婚し浪越指圧を継承。
2008年、株式会社浪越指圧 代表取締役に就任。
元日本指圧専門学校校長、元社団法人・東洋療法学校協会理事を歴任。現在は特定非営利活動法人・日本指圧協会副理事長。日本全国および海外で近代指圧治療と講演およびセミナーで活躍中。

 オランダでの指圧指導
セミナーの様子 セミナーの様子
セミナーの様子 セミナーの様子


 
 【著書の紹介】
 「指圧で美しいからだをつくる」 参陽社刊
 「浪越指圧・からだの痛みがとれる本」 参陽社刊
 「自分でできる指圧入門」 実業之日本社刊
 「浪越式しあわせ指圧 おせば伝わる母ごころ」 実業之日本社刊

浪越指圧とは

指圧は浪越徳治郎が大正1­4­年に創始した治療法です。その治療効果は国内だけでは無く全世界でも評価され、「S­H­I­A­T­S­U­」として親しまれ、人々の健康に役立っています。指圧の特徴は手と指だけを使って行うことです。もみ返しなどの副作用が無い、安全で理想的な健康法です。指圧は病気の予防や治療を目的として人体の疲労物質を取り除き、血液循環を促進して健康を増進させます。指圧は近代解剖学に基づいて全身の筋肉や神経、血管、リンパ腺、ホルモン腺、内蔵などの働きを活発にします。指圧をすると免疫力が出来、体内の老廃.­.­.­
RSS 2.0