新着情報News

群馬県嬬恋村で講演を行いました

2009-02-25 (Wed) 15:54
平成21年2月17日(火)17:30~19:00迄

群馬県嬬恋村某企業にて講演しました。
対象は150名。

軽井沢駅から嬬恋村まで、車で1時間ほどかかりました。嬬恋村は日本一のキャベツの生産地。標高800m~1,400mの高冷地が美味しい高原野菜を作ります。

白雪に覆われ今も、もくもくと煙を吐く雄大な浅間山(2,568m)を間近に眺め、途中、鎌原観音堂に立ち寄らせていただきました。

天明3年8月5日(1783年)宿場町として賑わいをみせていた鎌原村(かんばらむら)、民家118戸、人口570人、牛馬165頭を突如火砕流が飲みこみました。
鎌原村の全戸焼失、牛馬全滅、死者477名の大災害でした。土石流は観音堂の石段15段を残して止まりました。
石段を駆け上がり、観音堂に辿り着いた者と、たまたま村の外に出ていた93名が奇跡的に助かりました。生存者93名は隣村の援助により村を再建、今日を迎えています。

村人の命を救った鎌原観音堂は厄除け観音として今も人々に厚く信仰され毎日供養が行われているとの事でした。
「”美しき 浅間の山に 朝夕を すくすく伸びる心ゆたかに” 鎌原観音堂天明三年 浅間やけ跡」という石碑が立っています。

講演は「指圧が招く健康生活」というタイトルで気温の低い地方で筋肉が硬く緊張している為、肩コリや腰痛、頸のコリなどに効果がある指圧に興味を持って頂き、意義あるひと時をすごさせて頂きました。

新着情報カテゴリ

新着情報カレンダー

身体がだるい

一般に身体がだるいという表現は自覚症状で、肉体的・精神的に疲れやすいとか、おっくうな感じ、気力が無い、疲れた感じとか何かやる気が出ないなどを意味しています。原因と症状だるさは医学的には全身倦怠感といって筋肉疲労がおこる状態をいいます。筋肉の収縮に必要なグリコーゲンやビタミンが不足すると筋肉は収縮力が弱くなり、全身の倦怠感がでてきます。だるいと感じた時は十分な休養をとり、指圧を受ける事が大切です。身体のだるさは睡眠不足や、仕事による過労、風邪をひいて熱っぽいときや、自律神経のアンバランス、貧血、低血圧や肝臓、腎臓の疾患、精神病などが原因でおこります。笑うとN­K­細胞(ナチュラルキラー細胞)が活発化し、免疫力を高め.­.­.­
RSS 2.0