新着情報News

顔のシワが気になるとき

2010-01-05 (Tue) 18:10
年をとると皮膚は弾力が無くなり、自然にシワが増えてきます。
若いころは皮膚はみずみずしく、艶やかです・・・。
しかし、顔も手入れ次第、毎日の指圧でシワを除き、いつまでも若さを保つことが出来ます。

顔のシワを無くすには
シワの原因としては肌の乾燥や肌の栄養分の不足などが挙げられます。
顔の中でも最もシワの出来やすいところは目じり、目の下、額などです。この部位を重点的に指圧すると徐々に効果が現れてきます。シワのあるところは血液循環が悪くなっているので少し強めに、細かく指圧すると血液の流れが良くなり、皮膚に酸素や栄養を与えてくれます。

日常生活の注意点
女性は25歳を過ぎる頃から皮脂の分泌が減少し始め、乾燥しやすくなりシワが出来やすくなります。
特に冬は肌荒れも起こりやすく皮膚の表面が乾燥してくると水分が保てなくなり、ますますシワが出来やすい状態になります。
皮膚表面の水分を保つためには皮膚の上から保湿性クリームを塗り、膜を作った状態で皮膚の下から水分を逃さないようにすることが必要です。
シワの予防には保湿成分として、アミノ酸やヒアルロン酸、コラーゲン、グリセリンなどを含むクリームを使用すると共に、全身の指圧を週一回の割合で定期的に受けていると細胞が活発になり、体の中から若々しく老化せず美しいシワの無い肌を作ります。

新着情報カテゴリ

新着情報カレンダー

動悸

原因と症状動悸は高血圧症や冠状動脈硬化症などの心臓疾患や貧血があったり、肥満、妊娠中などにおこりやすくなります。健康な人では脈拍数の正常値は1­分間に6­5­~8­5­位ですが、動悸がおこる時は脈拍数が1­分間に1­0­0­以上になり、息切れや胸の痛みなどの症状も出てきます。出来るだけ精神的興奮や不安感を抱かないように注意し周囲も配慮が大切です。日常生活の注意点貧血による動悸にはレバーや牛乳、肉類や魚類、ほうれん草などを努めて多く摂取するようにします。高血圧症の人は塩分は1­日8­g­以下とし、魚類や乳製品、植物性油を十分摂る事をおすすめします。又、冠状動脈硬化症の方はコレステロールを減少させることが第一です。魚類や繊維のある野菜、.­.­.­
RSS 2.0